こんにちは。桜美林大学の山崎です。

 

この度、東中野でオーガニックワインの販売を行う「アルコス」さまを取材させていただきました。

 

 

オーガニックワインの販売を始めたきっかけは、心身共に健康でいるためには血液に入る飲料をオーガニックにすることが必須であると考えたからだそうです。

 

 

そのため、17年程前に渋谷でオープンしたバルなどでは、無農薬の食材が使用されています。

 

 

オーナーの宮内さんは、スペインに住んでいたことがあり、現地で150ものオーガニックワインの展覧会に足を運んだ経験を活かして、スペインのオーガニックワインの輸入・販売を行っていらっしゃいます。

 

 

オーガニックワインは、酸化防止剤が入っていないため、頭が痛くならないという特徴があります。

 

 

自然から出来たものを使用し、発酵させるための薬品は使われていません。

 

 

また、醸造の際に動物由来成分を使用せずに野菜から抽出したものには、ヴィーガン認証マークがついています。

 

 

 

 

ここで、おすすめのワインを紹介いたします。

 

 

まず、初心者におすすめのワインは、単一品種100%のものです!

単一品種100%とは1種類のぶどうで作られているワインのことを指し、雑味がなく飲みやすいという特徴があります。

 

 

次に、お中元の時期などには、カバと呼ばれるスパークリングワインである、

ブルット・ナトゥレ(辛口)がおすすめです!

 

こちらは、軽めでさっぱりしているため、暑い季節にぴったりです。

 

 

 

なお、ロゼワインは薄いピンク色をしていますが、醸造には黒いぶどうが使われ、発酵を途中でやめることでつくられるそうです。

 

ちなみに、発酵を継続すると赤ワインになります。

 

 

 

アルコスさまでは、今回紹介したワインの他にもたくさんの品が揃えられています。

 

ネットショップもぜひご利用ください!

 

 

【ネットショップはこちら】

https://arcos-jp.com

 

 

以上で、アルコスさまの紹介を終わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

 

食の物産展「物産・逸品Webモール」では、

産学連携の一環として学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

 

プレゼントにぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!