初めまして。嘉悦大学の小林、庄村、竹内、矢木です。

 

今回ご紹介するのは、中野新橋駅から徒歩10分のところにある弥生町の「金吾堂製菓」さまです。

 

 

 

それでは皆さんに、おせんべいの金吾堂製菓さまの出展予定品目の売れ筋ランキングと、

商品について店主の島田さんへインタビューさせていただいた内容をお伝えします。

 

 

まずは、金吾堂の売れ筋ランキングです。

 

 

第3位は、「ほろほろ焼」甘口醤油味と塩味

 

おせんべいにしては柔らかくサクサクした食感と、

ノンフライでヘルシーな点が特徴です。

 

 

「ほろほろ焼」塩味は、一緒に取材をした西武信用金庫の平尾さんもおススメの商品です。

 

 

 

続いて第2位は、「おすきなひとくちシリーズ」塩味と濃い醤油味

 

チャック付きのひとくちサイズのおせんべいで、つまみやすい薄焼きタイプなので、

リモートワークに最適!

 

昨年は生産が追いつかなくなり販売を一時中止していましたが、今年から販売を再開しました。

 

 

 

そして、第1位は「厚焼」シリーズの醤油ごま味

 

創業から70年間作り続けているおせんべいで、1枚1枚が大きいため食べ応えが抜群です。

 

 

 

金吾堂の会長さまへもインタビューをさせていただきました。

 

 

Q.事業を開始したきっかけについて教えてください。

 

A.会長の父方が元々あられ屋で働いており、せんべいの作り方を知っていたので、せんべい屋(金吾堂製菓)を開始しました。

創業当初から現在も同じ店舗で営業を続けています。

 

 

Q.どのような想いで取り組んでいますか。

 

A.お値段ではなく、品質と味

競合他社の大手には値段では勝てないので、おせんべいに使用する材料(お米、醤油、水)と味にこだわりを持っています。

 

 

Q.金吾堂の由来について。

 

A.創業当時、一世を風靡した落語家「柳家金語楼(やなぎやきんごろう)」からとって「金吾堂」と名付けました。

 

 

近くにお越しの際はぜひ立ち寄ってみてください。

また、Instagramでおせんべいの楽しみ方を紹介しているので、ぜひフォローしてみてください。

 

 

【ネットショップはこちら】

 

https://kingodo.jp/

 

 

食の物産展「物産・逸品Webモール」では、

産学連携の一環として学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

 

プレゼントにぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!