こんにちは。嘉悦大学の西島です。

 

 

今回ご紹介させていただくのは、JR中野駅北口より徒歩3分程のところにあるサンモール商店街の甘味処「梅家」さんです。

 

 

昭和31年創業の老舗、梅家を支える3代目のご店主、岡村さんの想いと味の魅力についてお届けします。

 

 

創業者の1代目はおばあさま、2代目はお父さまと代々家族経営。

3代目の岡村さんは畑違いの仕事をなさっていたそうですが、お店をなくすわけにいかないと思い立ち、10年前に店を継がれました。

中野の老若男女のお客様に愛されており、1代目のおばあさまのファンの方が今も通っていらっしゃるそうです。

 

 

今回はご好意でいなり寿司ずんだおはぎあんみつをいただきました。

 

 

いなり寿司は素材にこだわっており、お豆腐屋さんから専用の油揚げを仕入れています。

 

 

油揚げを薄くしており、よい油を使っていることで煮る前でもよい香りがします。

口に入れた瞬間から、ごまの風味が広がり、噛むとジュワっと揚げにしみ込んだ出汁醬油が溢れてきました。

 

 

美味しさはもちろん、他店のいなりずしとは一味違う梅家さまの看板商品です。

 

 

おはぎは、粒あん、こしあん、抹茶、ごまといった定番の味や、ほうじ茶、ずんだといった変わり種までより取り見取りです。

ずんだおはぎは枝豆とそら豆があんになっていて、仙台で有名なものです。

豆が大きめに砕かれていて触感が楽しい商品です。

 

 

あんみつは、国産の天草を使用し、寒天を手作りしています。

 

やわらかめで、ぷるぷるの食感、のど越しも抜群でした。

黒蜜はさっぱりしていながらも、寒天によく絡みます。

 

 

店主の岡村さんは、「その時手に入る良い材料を取り寄せ、お客様の身体に良いものを提供したい」と、

食へのこだわりとお客さんへの思いを語ってくださいました。

 

 

皆さまもぜひ「梅家」さんへ足を運んでみてください!

 

 

【ネットショップはこちら】

https://umeya004.stores.jp/

 

 

食の物産展「物産・逸品Webモール」では、

産学連携の一環として学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

 

プレゼントにぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!