こんにちは!桜美林大学の北沢です。

今回はAKO株式会社様の「生胡椒の塩漬け」について取材してきました!

インタビューに答えていただいたのは、代表者の速水亮子さんです。

 

 

あまり耳馴染みのない「生胡椒の塩漬け」ですが、実は、カンボジアと深い関わりのある商品

なのです。

様々な魅力が詰まった「生胡椒の塩漬け」をQ&A方式で紹介していきます!

 

 

Q.生胡椒の塩漬けの特徴を教えてください。

A.一般的に流通している乾燥胡椒とは違って、ミル等で挽かずに粒のまま食べられるところが

特徴です!また、噛んだらプチっと弾け、塩の塩味と胡椒ならではの辛味・旨味を感じることができます。

 

 

Q.どんな料理に合わせるのがおすすめですか?

A.卵かけごはんと一緒に食べるのがおすすめです。卵かけごはんに8~10粒程度のせ、気分に

よって少し醬油をかけて食べると、味に深みやアクセントが出て美味しくなります!

他には、お肉に添えたり、お酒のおつまみとしてそのまま食べたりするのもおすすめです。

 

 

香り高くシンプルな味わいが、卵やお肉などの素材の味を引き立たせ、よりおいしく仕上げて

くれるそうです。

他にも組み合わせ方法として、パンの生地に練りこんだり、バニラアイスの付け合わせとして

召し上がる方もいらっしゃるのだとか。様々な種類の料理に合うなんてすごいですね!

 

Q.どんな方がよく購入されますか?
A.特に多いのがお酒好きの方です。お酒との相性がとても良く、好評の声をいただいています。

また、お料理好きの方にも多く購入されています。チーズやクリームにもよく合うため、

イタリア料理を作られる方にも好評です!

 

▲調理例

チーズやクリームがたくさん使われているカルボナーラと相性抜群

だそうです!

胡椒は様々な食材と合わせることができるので、料理の幅が広がりますね。

 

Q.生胡椒の塩漬けを販売しようと思ったきっかけは何ですか?

A.もともと、カンボジアで観光客向けの癒しの複合施設(ヨガ、マッサージ、BBQなど)を

経営していて、その中で「生胡椒の塩漬け」に出会いました。この美味しさや、カンボジア

という国の良さ、温かさなんていったものを日本の方々にも伝えたいと感じたことがきっかけ

で、販売を開始することになりました。

 

 

カンボジアは自然豊かで、「家族を大切にする」「困っている人がいたら助ける」などといった

当たり前をとても大切にしている国だそうです。一度行ってみたいですね!

 

Q.今後の展望などあれば教えてください。

A.カンボジアと日本をより繋げていきたいと思っています!商品を通じて、多くの人にカンボ

ジアの良さを知っていただき、実際に足を運んでいただきたいと考えています。

また、生胡椒の塩漬けの美味しさを広めていきたいです。今は、国内のあるエリアのみ集中的

にアプローチしていますが、今後は日本全体にも届けていきたいです。また、今年は海外にも

展開していきたいと考えています。

 

この美味しさがどんどん世界中に広まっていくことを考えるとワクワクしますね!

カンボジア愛に溢れる、素敵なお話を聞くことが出来ました。ありがとうございました!

 

この商品はお誕生日や記念日に、大切な人への贈り物としても人気だそうです。

パッケージもシンプルでおしゃれです。

美味しくて珍しい品物なので、喜ばれること間違いなしですね!

 

普段のお料理に「生胡椒の塩漬け」をトッピングするだけで、ワンランクアップした一皿が

できあがります。

お酒のお供や、料理の一工夫として、この機会に試してみてはいかがでしょうか?

 

以上、ご覧いただきありがとうございました!

 

【ネットショップはこちら】

https://and-cambodia.stores.jp/

 

食の物産展「第15回東京発!物産・逸品Webモール」では、

産学連携の一環として学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

プレゼントにぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!