こんにちは!桜美林大学の佐久間です。

今回は、Beetopiaはらじゅくさんのつくる最高級蜂蜜をいただきました!

 

流行の発祥地である原宿ではちみつ専門店を始めたオーナーの想いと

蜂蜜の魅力についてお届けします!

 

【原宿で蜂蜜を作ろうと思ったきっかけ】

もともと栃木で旅館を営んでおり、そこで使っていた蜂蜜を東京に戻ったときに

片道200キロかけて蜂蜜を買っていたけど自分で勉強すればできそうだと気づき、

原宿オフィスの屋上でやることになりました。

 

それと単純に自分がおいしい蜂蜜を食べたかったというのもあります。

東京になかったから自分で作って食べきれないものをおすそ分けしているのが

この蜂蜜です。

 

 

 

原宿では他にも、東郷神社や洋菓子コロンバンでも養蜂をやっているそうで、

渋谷区に限らず東京の中で原宿をハチミツの名産地にしようと本気で思っている、

なんならもうすでになっているそうです。

 

 

▼そんな社長自慢の蜂蜜を試食させていただきました!【食リポ&紹介動画】

 

 

 

明治神宮、代々木公園界隈のフジ、トチなど色々な花から採れた無添加非加熱の純粋生蜂蜜。

爽やかな花の香りが鼻に抜けてとてもおいしかったです!おすすめの食べ方はそのままでももちろんパンやチーズ、ナッツと合わせてもおいしいそうです!

 

 

【蜂を通じて明治神宮の”森の再生”に貢献したい】

明治神宮の森は100年前に明治天皇をお祀りする際に全国から10万本の献木を集めて

作られた人工の森でその規模は世界最大。

そんな自然豊かな明治神宮の森に咲いている花の蜜を蜂が吸うと受粉する。

そうすると実ができて、それを鳥が食べてフンになり、

それを肥料にしてまた種がそこから根吹く。

 

そんな森の再生に蜂を通じてちょっとだけかかわれたらいいと思っている。

 

 

 

Beetopiaはらじゅくは養蜂を通して地域社会への貢献を目的とした、

今の原宿で未来に対してできることを考えたプロジェクトだそうです。

 

美味しいだけではなく、明治神宮の森の再生にも携わっている蜂蜜…より魅力に感じました!

 

今回のリポートを通して羽根田さんの蜂蜜への想いとおいしい蜂蜜の魅力について知ることができました。

 

現在は原宿駅竹下口より徒歩1分の所にある蜂蜜の自動販売機とオンラインにて

Getできるそうです!

 

是非、皆様も原宿に来た際はBeetopiaはらじゅくさんの最高の蜂蜜を召し上がっていただきたいです!

 

以上、わたくし佐久間からのリポートを終わります!

最後までお読みいただきありがとうございました!

 

【Beetopiaはらじゅく 蜂蜜の自動販売機】

(原宿駅竹下口より徒歩1分)

 

 

 

【ネットショップはこちら】

https://beetopia.tokyo/

 

食の物産展「第15回東京発!物産・逸品Webモール」では、産学連携の一環として

学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

 

プレゼントにぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!