皆さんこんにちは、嘉悦大学の郡司と池田です。

 

この度、JR五日市線秋川駅を降りて南口の方に進み徒歩約13分のところにある、

くじら肉専門店のくじら屋らじっくさんにお邪魔してきました。

 

 

それでは早速らじっくさん独自の製品を紹介していきたいと思います。

 

 

出迎えてくれたのは店長の板花貴豊さん

 

板花さんは、元捕鯨船乗組員で乗組員時代のくじら肉製造に従事した経験と知識を生かして製品作りを行い、独自のくじら製品を提供しています。

 

さらに、キッチンカーでも販売しており、いつどこでやるのかはSNSで発信をしています。

※下記に各SNSのURLを添付してあります。

 

 

ではさっそく板花さんに質問していきたいと思います。

 

Qこだわりはなんですか

A,鯨を捕鯨してすぐ船の上で捌き、冷凍して鮮度を何よりも大切にしています。

鯨肉は、牛・豚・鳥などと違い血抜きができないため臭みがあると思われがちですが、鮮度管理や下処理などで抑えています。

 

Q家で調理するときどんな調理法がおすすめですか

A,肉だと竜田揚げが王道だが手間がかかるためステーキにするのがおすすめです。

鯨肉は、焼けば焼くほど固くなるのでミディアムレアかレアがいいです。

ステーキの焼き方は2㎝厚のお肉として両面約1分程度で焼き上げるといいです

 

Q初めて食べる鯨肉はどこの部位がおすすめですか

A,特に刺身だったら頭肉と鹿子(顎周り)が、旨味が詰まっています

脂が苦手な方は赤身がおすすめです

 

お肉と聞いたら高カロリー!?

 

安心してください!クジラ肉は、健康食でスーパーフードと呼ばれています!!

牛、豚、鶏に比べ高たんぱくで高鉄分、ビタミンAも豊富!で疲労回復にも効果抜群!

さらに、低カロリーで低脂肪なため健康志向な人や体が重要なアスリートの方、美容に気を遣っている女性の方々に非常におすすめな食べ物となっております。

 

 

らじっくさんのおすすめの商品はこちら!くじらやわらかステーキです!

 

鯨のお肉をミディアムレアで焼き上げステーキにし、食感はもの凄くやわらか~く仕上げてあります。ステーキにかけるソースは秘伝のソースみたいですよ!?

副菜は、日替わりで変わり、なんと店長の板花さんの手作りなんです!

そして地元の野菜をつかって作っているとのことでとても地元愛に溢れていますね!

メインはステーキ肉ですが副菜もとても魅力的です!

 

 

他にもこのように豊富な種類があり、どれも美味しそうでまた足を運びたくなりました。

つけ麺もあり、つけ麺も食べてみたくなりました。日替わりはお楽しみで!

 

 

お店で食べたあの味!もう一度食べたいあの味!教えてあげたいあの味!

そんな皆さんに、贈り物として珍しいクジラ肉はいかがですか?

様々な部位があり、いろんな味や食感を味わうことができます。

少数も良し!大勢でも良し!美味しいクジラ肉を色んな方々に送って、楽しいひと時を過ごしませんか?

 

板花さんは鯨肉の良さを若手や子育て世代を中心にもっと多くの人に知ってもらいたいとのこと

ぜひ皆様もくじら屋らじっくさんに訪れて鯨肉の素晴らしさを広めていきませんか?

 

店主の板花さんやお店の方々、お時間無い中暖かくお迎えしてくださり本当にありがとうございました。

 

※法に基づいて製造された安心安全な商品です

 

【ネットショップはこちら】

https://rajic.raku-uru.jp/

 

TEL 042-842-3172

メールアドレス  info@a-rajic.com

Instagram  Facebook Twitter

 

 

食の物産展「第15回東京発!物産・逸品Webモール」では、産学連携の一環として

学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

お中元にぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!