嘉悦大学 学生さんによる厳選グルメレポート

ケンちゃんから始まった安心安全こだわりの冷凍生餃子

2021.08.20

ケンちゃん餃子株式会社直売所

text by 内海ゼミナール 小高、柴田、佐々木

こんにちは。嘉悦大学の小高、柴田、佐々木です。

今回私たちは「ケンちゃん餃子株式会社」様にオンライン取材させていただきました!

 

実際にお店に行くことはできませんでしたが、皆さんにお店と餃子の魅力をお伝えできればと思います!

 

 

いきなりですが、皆さんケンちゃん餃子を知っていますか?

ケンちゃん餃子は東京都昭島市にある創業51年目の餃子の製造、卸売り及び店舗販売を行っている工場です。

 

ケンちゃん餃子のおいしさの秘訣は材料と作り方にあります。

 

 

餃子に使われる具材はすべて国産。高知産の生姜、高知産のニラ、青森産のニンニクなどが使われています。

 

ひき肉や野菜だけでももちろん美味しいですがケンちゃん餃子の一番のこだわりは伊豆大島産深層海塩。

 

ミネラルが豊富な深層海塩を入れることにより、肉臭さがなくなり野菜の甘みが出ることで餃子のおいしさを引き出しています。また、保存料、着色料を使っていないため安心して食べることができます。

 

 

ケンちゃん餃子は、餃子の種類も豊富です!

冷凍生餃子、冷凍生にんにくなし餃子、冷凍生水餃子、冷凍生しそ餃子、冷凍生ピリ辛餃子、冷凍生にんにく餃子、冷凍蒸餃子の全部で7種類があり、ホームページサイト上や直営店で購入することができます。

 

 

ここで簡単に上手に焼くことができる方法をお教えします!

 

まず、油をひきます。フライパンが温まったら餃子を並べその後水を入れます。蓋をして4~5分待ちます。茹で始めたときは小麦粉の匂いがするのですが、時間が経つと肉の匂いに変わります。これは火が通ったという証拠になります。火が通ったらお湯を捨て、完全に水分がなくなったら油を回し入れます。くっついていた餃子が簡単にはがれる様になったら焼きあがった合図で、お皿に盛ったら完成です。

 

簡単にきれいにできるのでみなさんもぜひ試してみてください!

 

 

自宅でお酒のおともに、夕飯の一品にいかかでしょうか?

 

最後にお店からのメッセージ:コロナ禍での巣ごもり需要が高まっている中で、弊社の餃子を召し上がっていただきながら家族で楽しい幸せな時間を過ごしていただきたいです。

 

 

以上でレポートを終わります。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

【ネットショップはこちら】

http://www.ken-chan.co.jp/scb/shop/shop.cgi?id=1&kid=0

 

 

食の物産展「第15回東京発!物産・逸品Webモール」では、産学連携の一環として

学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

お中元にぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!