こんにちは。東京家政学院大学の加藤です。

この度、岩手県紫波郡にある廣田酒造店様にオンライン上で取材させていただきました!

廣田酒造店様で造られているお酒の特徴や、楽しみ方を皆さんにお伝えすることが出来ればと思います!

 

 

南部杜氏初の女性杜氏、小野さんにお話を伺いました。

 

Q.お酒の味の特徴を教えてください。

A.酵母の他に乳酸菌も使用して仕込んでいるので味のふくらみを感じることができます。

 

Q.お酒を造る際に大変なことはどのような点ですか。

A.お酒に個性を持たせることと、岩手のおいしさを表現するために素材の味を出せるようにしています。

 

Q.こだわりはありますか。

A.コンセプトにも掲げている、“冷で飲んだ時におにぎりのように”、“燗で飲んだ時は炊き立てのご飯のように”と原料である米にこだわっています。

 

Q.どのような食べ物(食材)に合うお酒ですか。

A.お米の味わいを活かして造っているので、普段のどの食事にも合うようなお酒です。

 

Q.おすすめの飲み方はありますか。

A.燗酒がおすすめです。ですが、温かい状態と冷たい状態ではまた違った味わいになるので変化を楽しんで頂きたいです。何にでも合わせられるのが日本酒の良いところで、温度帯を楽しむことができます。合う食事も変わってくるかもしれません。

 

Q.どのような想いで取り組まれていますか。

A.お米は岩手県産100%使用、水は口当たりのやわらかい地元の水分(みずわけ)神社の上水を使用してお酒を造っているので岩手県オリジナルをお届けしたいという想いです。

 

Q.飲みやすい種類はありますか。

A.夏限定のお酒や、生酒(殺菌をしていないお酒)、撫子の花酵母で仕込んだ酒などが飲みやすいと思います。

 

 

Q.どこで購入することができますか。

A.店頭、ネットショップです。東京は東銀座にある銀河プラザ(歌舞伎座近く)で購入することができます。

 

パッケージデザインも可愛く、プレゼントしても喜んでもらえそうだと思いました!

 

ご自宅で色々な食事と合わせてあなただけのオリジナルの組み合わせを楽しむのはいかがでしょうか?

 

以上でレポートを終わります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

取材させていただきました、廣田酒造店 小野様、ありがとうございました。

 

【ネットショップはこちら】

https://hiroki-hirotasyzuouten.com/

 

 

 

食の物産展「第15回東京発!物産・逸品Webモール」では、産学連携の一環として

学生の皆さんや西武信用金庫職員が出展者のお店をめぐり、その魅力をレポートします。

お中元にぴったりなお取り寄せスイーツやお酒のおつまみ等、おうちで楽しめるグルメが盛りだくさん。

 

下記の「記事一覧」からぜひチェックしてください!