産学連携先の学生さんにご協力をいただき商品の魅力を取材・撮影しました!

グローバルビジネス学部 会計ファイナンス学科 山田ゼミナール

昭和女子大学はアメリカに海外キャンパス「昭和ボストン」を持ち、敷地内には米州立テンプル大学ジャパンがある国際色豊かな環境です。キャリア教育、企業や地域の課題解決に挑むプロジェクト型学修にも注力しています。
2021年4月からは社会人を対象に、働きながら1年で修士号を取得できる「大学院1年制コース」を新設、次世代のビジネスリーダーを育成します。

元ファンドマネージャーの指導教授の下、経営分析や企業価値について研究しているゼミです。毎年、優秀でユニークな学生が集まります。

ビジネスマネジメント学群 坂田ゼミナール

坂田ゼミでは、事業者様から頂く経営上の課題について、学生がグループワークによって解決案をご提案すると言う活動を行っております。事業者様からのご相談は多岐にわたっており、商品のマーケティング戦略、新規商品・サービスの創造、スマホを使ったEビジネスモデル策定、顧客獲得戦略策定、SNSを使った広報戦略など様々です。
始めに事業者様からヒアリングをさせて頂き、事業者の業務内容、業種・産業の傾向把握、強み・弱みへの理解を深めたあと、頂戴したデータの分析や関係情報の収集・分析を行いならが、実際的なビジネスに係る提案をご報告いたします。事業者様からは、学生視点でユニークであるなど、高評価を頂いております。
また学生にとっては、社会人になる前に事業者様が抱える実ビジネスに深く触れることができ、大変良い経験になっています。

三澤ゼミナール(栄養指導研究室:食育研究会)

東京家政学院大学では、地域社会への貢献を教育・研究に続く第三の使命と位置づけ、その実現のために積極的に地域連携活動を推進しています。
講義で得た知識や実験・実習で身につけた技術をもとに試行錯誤しながら、商品企画やメニュー開発、ファッションイベントの開催などに挑戦しています。

三澤ゼミでは、地域貢献できる実践的なテーマについて、大学院生も含め18名がチームで研究しています。また、食育研究会としては、地域のイベントに出向いて、手作り教材を用いて食育を継続的に行っています。八王子市学生企画事業に3年連続採択され、地域食材を使った料理開発を行い、その動画も公開していますのでご覧下さい。
ハラル・ヴィーガン班👩‍🍳(@syokuiku.cooking) • Instagram写真と動画)。

日本女子教育の先駆者である嘉悦孝が1903年に創設した「私立女子商業学校」が嘉悦大学のルーツ。
当時から常に時代に先駆けた実学教育を展開し、今年で116年を迎える今日でも実学教育の伝統を継承しつつ時代に求められる人材の育成を追及しています。
企業や地域と連携し、課題を発見し解決する力、協働する力を鍛えていきます。

取材をいただいた学生さんたち

東京栄養食糧専門学校と東京調理製菓専門学校は、文部科学大臣が認定した職業実践専門課程です。管理栄養士・栄養士・調理師等の資格取得を目指すための専門教育に加え、産学コラボ事業や文化事業などを通じ、社会で必要とされる実践力を重視した教育に取り組んでいます。